このエントリーをはてなブックマークに追加

契約社員が簡単に風俗嬢に|こんなはずじゃなかったと後悔しない為に

  今日も多くの方に読んで頂いておりますёё-恋愛の悩み!!さぁシェア-ёёを選んで頂き、まことにありがとうございます


はじめに


今回は、大卒で勉強もできるし、仕事もできていたんだけど、いつの間にか風俗嬢として働き、こんなはずじゃなかったという後悔についてシェアします。

思っていた以上に簡単に風俗嬢になってしまいました。
誰にでもおこり得る身近な問題です。

こんなはずじゃなかったと後悔しないために、ちょっとダケ頭の片隅に残しておいてください。
ちなみに、風俗嬢を否定しているわけではありません。
風俗嬢だってすばらしい職業ですし、最初からそこを目指しているのなら読む必要のない記事です。

こんなケースから風俗嬢に




大学を卒業し、イマイチやりたい事も見つからないので、自分探しも兼ねてと、契約社員として仕事をスタートしました。
大卒で割りとチヤホヤもされ、仕事も回りの友達の話を聞いていると、恵まれてるなぁなんて思っていました。

私の夢は、ベタベタかもしれませんが、幸せな家庭を築く事でした。
幸せな家庭を築くためにもお金は必要だし、仕事を経験しておくことも必要だし、仕事を通しての出会いにも期待していました。

予想的中!というわけではありませんが、職場恋愛をしました。
彼とは同棲する様になりました。

私も仕事はしっかりとこなし、会社からもそれなりに評価もされ、仕事が辛くてやめたいという事はありませんでした。
順調に夢に近づいている!そんな感じもありました。

しかし、そこから風俗嬢として働きはじめるまで、あっという間でした。

私が簡単に風俗嬢になった原因


なるべくして風俗嬢となりました。
原因はここにあったと思います。

・契約社員だった事
・同棲していた事(実家には帰れない)
・彼と別れた事

まるで水車がガタガタと壊れるように、1つの歯車が狂うことによって、幸せな家庭を築くという夢も壊れていきました。
ある理由から、実家に帰るという選択はできませんでした。

同棲していた彼とはうまくいかず、別れを決心しました。
ちょうどその頃、契約の満期を向かえ、会社側からは延長なしという事で、新しい仕事先を見つけなければなりませんでした。


大学を卒業していた事もあってか、仕事先はすぐに見つける事ができました。
新しい仕事先も見つけたし、新しい家を探して、新生活をスタートさせる予定でした。

実は、彼との分けれを決意したのは、キレルと手をあげてきてたからです。
普段は温厚な性格なんだけど、お酒がはいったりするとキレやすく、階段から突き落とされた事だってあります。

新しい職場がみつかったと同時に彼には別れを切り出しました。
別れを切り出したんですけど、新しい仕事のスタートや住む場所が決まるまでの間、いわゆる家庭内別居みたいな形で生活していました。
それには彼も納得していたというか、何も言いませんでした。

それから、新しい仕事を始めたんですが、うまくいかずにすぐにやめてしまいました。
いわゆるプー太郎?プー子?になりました。
もちろんそれからすぐに新しい職場を探そうとしました。
生活はというと、別れを切り出した以上、同棲していたアパートには帰りづらく、友達のところを転々としました。

いわゆる家なし、職なし状態です。

同棲しているアパートの名義は彼でした。
友達のところを転々としていると、早く出て行けだとか、荷造りの際に彼の持ち物をとるんじゃないのかと喧嘩になり、警察沙汰にもなっております。
実は警察立会いの下、荷造りをしたんです。
それでも行き先がなく荷造りした荷物は、同棲していたアパートに置いていました。

さぁ!再出発。
辛いのは今だけ。
住む場所と仕事を探そう!

心は疲れていましたが、全て忘れようと明るい気持ちでいようとしました。
しかし現実は厳しかったです。

厳しい現実




私の中で、次にまた職で失敗したくないというトラウマが生まれていました。

家がありません。
職がありません。
こんな厳しい現実でした。

・職がないのでアパートを借りることができない。
・アパートがないので、仕事で採用してもらえない。
・住む場所がなくても採用と言ってくれる会社は、うさんくさく、次にまた職探しで失敗できないという気持ちが膨らんでいく。

これ以上彼のアパートに留まる事はできませんでした。
友達のところに居座る事もできませんでした。

先が見えませんでした。
1つずつ解決していかなければならない事は、分かっていました。
まずは住む場所。
その様に考えたとき!


その様に考えたとき!私は風俗嬢になっていた


簡単に風俗嬢になる事ができました。
心が疲れていたのか、風俗の仕事になれてきた時には、癒される感覚もありました。

こうして、私は風俗嬢になりました。
夢であった幸せな家庭を築く事は、あきらめていませんが、今はこの仕事を続けたいと思っています。

最後に


人生何がキッカケでどう転がるかなんて分かりません。
でも、やっぱり原因は自分にあるのだと思います。


・彼がどういう人か見抜けなかった事
・素直に実家に帰るという選択
・住む場所と職探しの関係の知識

先を読む力も必要だったと思います。
今、私は、こんなはずじゃなかったと後悔しています。

次のおすすめはコレ → 離婚後旧姓に戻すか戻さないか|メリットデメリットと大切な1つの事








【別サイトのリンク】