このエントリーをはてなブックマークに追加

告白のリスク|人はなぜ告白し付き合い恋愛に発展するのでしょう?

  今日も多くの方に読んで頂いておりますёё-恋愛の悩み!!さぁシェア-ёёを選んで頂き、まことにありがとうございます


はじめに


人はお付き合をします。

自然に付き合っているというケースは稀で、どちらかが告白する事で、付き合い始めとなります。
しかし、告白で振られてしまい、今までの関係が崩れてしまうリスクが伴います。

今回は、告白にはリスクが伴うにも関わらず、人は告白し、恋愛へ発展する事ついて、シェアします。

付き合うって何なんでしょうか?




そもそも人はなぜ付き合うのでしょうか。

告白するよりも、告白なしで、今までの関係を保つという事の方が最善ではないでしょうか。
告白により、今までの関係が保てないかもしれないリスクが伴いますし、仮に付き合えたとしても、余計な揉め事が多くなるんじゃないかと思います。
なにも告白して付き合うよりも、あなたが好き!!って事が伝わるだけで良くないですか?

それとも、好きだったら付き合うべきなのでしょうか。

好きな人の事を深く知る


誰でも好きな人の事は深く知りたいと思います。
そんなに深く知る必要ないと思うならば、付き合う必要はないでしょう。
深く知る事で嫌な面を見る事にもつながります。

何の為に付き合うのかといえば、好意のある人をより深く知るためです。
好きな人の親兄弟の次に、好きな人の事を深く知っている人は、あなたじゃないとダメなんです。
なぜならば、家庭を築くという事は、相手の事を深く知る、又は知っているという事なんです。

人間家族築く動物です。
子孫を残さずとも、本能では、好きな人の事を深く知りたいと思うのです。

つまり、深く知る必要がないと思うならば、本当は好きではないんじゃないでしょうか。
しかし、告白が失敗する事で、今までの関係が崩れるかもしれないというのも、また事実です。

告白する意味


付き合い、恋愛に発展するという事は、分かり合える範囲を広げる事でもあります。
それは理性の壁をのりこえるという行為かもしれません。
全てを分かり合おうとするという事です。

そのきっかけが告白です。
また、親兄弟の次に、好きな人を深く知りたいというのは、好きな人を独占したいからかもしれません。

しかしそれもまた理性の壁をのりこえる行為です。
もし、付き合ってもいないのに、理性の壁をのりこえたい、好きな人を独占したいというのなら、それは違反です。

告白のリスク




告白にはリスクが伴います。
しかし、その壁をのりこえないと、好きな人の事を深く知る事はできません。

告白していないという事は、まだ付き合っていないのですから、実は好きな人の事が本当に好きなのかは、未だ分からない状態です。

メチャメチャ好きだった人と付き合えることになったのだけど、すぐに分かれてしまったという話を良く聞きます。
それは、付き合うことで、相手の事を深く知った結果、実は好きではないという事に気付いたのです。

告白の段階では、まだ付き合っていないのだから、本当に好きかどうか分かりません。
もし、告白で振られたとするならば、また別の人に告白すれば良いだけの事なのです。

付き合うことによって始めて、恋愛に発展しますし、理性の壁をのりこえる存在になるのです。
つまり、この時点でようやく本当に好きかどうかが分かるのです。

最後に


告白の失敗により、今までの関係が崩れてしまう事は、実はリスクでも何でもありません。
本当に好きになるに値しなかっただけなのです。

「ちょっと好き」から「本当に好き」になる為には、告白し付き合い、理性の壁をのりこえなければなりません。

実は、告白にリスクなんてなかったんです。
気楽にいきましょう。

次のおすすめはコレ → 恋愛最中は同棲してても嫉妬だらけ|異性のヤキモチ問題を解消








【別サイトのリンク】